;

AKB48の全シングル衣装を収録「AKB48衣装図鑑」が発売

「AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット」(宝島社)表紙
「AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット」(宝島社)表紙
画像: (C)AKS/TAKARAJIMASHA

 宝島社が、アイドルグループAKB48の衣装を収録した「AKB48衣装図鑑 放課後のクローゼット~あの頃、彼女がいたら~」(以下、AKB48衣装図鑑)を3月25日に発売する。価格は税込1,512円。

 「AKB48衣装図鑑」では、インディーズ時代の1stシングル「桜の花びらたち」から最新シングル「シュートサイン」まで、全シングルの衣装やオリジナル全21公演の劇場公演衣装をトルソー着用の図鑑形式で紹介。初期から現在までのほぼすべての衣装デザインを行ってきたAKB48グループ衣装部「オサレカンパニー」のクリエーティブディレクター 茅野しのぶによるロングインタビューでは、デザインのコンセプトから素材へのこだわり、制作のプロセスなどが語られる。また、宮脇咲良や向井地美音らAKB48グループの次世代を担うメンバー総勢41人が初めて過去の衣装を着用し、撮り下ろした特別カットを掲載。付録として「AKB48シングル全47曲衣装ポスター」と「切って遊べるAKB48着せ替え衣装」が同封される。